はげ治療は頭髪専門の病院と皮膚科どちらでやるべきか

2015年9月11日 / はげ治療

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_SEP_327215200714-thumb-1000xauto-16089

プロペシアをの処方はどこでしてくれるのか?

男性型脱毛症(AGA)の原因は男性ホルモンです。

男性ホルモンには数種類ありますがその中でもテストステロンはもっとも分泌量が多く、5α‐還元酵素によってジヒドテストステロン(DTH)に変換されます。DTHは毛根にある受容体にくっつくと毛の毛周期を乱したり脱毛を促してしまいます。

AGA治療において有効な飲み薬であるプロペシアは、5α‐還元酵素の働きを抑制することでDTHの生成を阻害します。DTHが生成されなくなるので結果的に頭髪が脱毛してしまうのを防ぐことになります。

このプロペシアは市販されておらず、医師の処方がなければ服用する事ができません。内服薬によって治療を行う場合はプロペシアを処方できる医師の受診が不可欠です。

脱毛治療というと皮膚科と思いがちですが、プロペシアの処方だけならば内科でも可能です。

ですから、治療費や通院ストレスを軽減するために内服薬であるプロペシアのみで治療を行いたいと考えているならば内科、皮膚科、頭髪専門医どこでも治療を行うことが可能です。

皮膚科で出来る治療とは?

皮膚科で出来る治療は主に内服薬と外用薬(塗り薬)です。

内服薬は前述したプロペシア、外用薬はミノキシジルを処方されることがほとんどで、頭髪専門医のような個人の体質に合わせた外用薬の処方などは行っていません。

もっとも、頭髪専門医で処方されるような塗布薬にビタミンや血行を改善するための成分が添加されたとしても発毛にはほとんど関係がないという見解の医師もいますし、実際、頭髪専門医でその塗布薬と内服薬のみで期待していた程度の発毛効果が得られたという患者の割合などは明らかにされていません。

ですから、それら頭髪専門医のオリジナル処方の塗布薬を使用しても、皮膚科での治療と効果の差はほとんどないのかもしれないのです。

また、個人の開業医でも程度設備の整っている所や大学病院、総合病院での脱毛科であれば検査は一通りできますので男性ホルモン量や薬の副作用の出やすさなどを確認することはできます。

しかし、それらの設備や検体の外注検査などのシステムが整っていない皮膚科もありますので
皮膚科を受診する場合はクリニックは慎重に選ぶようにしましょう。

頭髪専門医で出来る治療とは?

頭髪専門医に受診するならば、内服薬、外用薬だけではなく、発毛のための治療を受けるとよいでしょう。内服薬・外用薬だけでは皮膚科に行くのと変わりがありませんし、わざわざAGA専門医院へ行く必要なんてないのです。

薄毛治療を専門とした外来ではメソセラピーや幹細胞の培養液から抽出した成長因子を使用するHARG療法など発毛のための治療を受けることができます。

メソセラピーは電気パルスにより頭皮の細胞膜に微小な穴をあけて薬剤や有効成分などを直接頭皮に浸透させる治療法です。毛母細胞を活性化させ、休止期の毛を発毛に促す効果があります。

HARG療法も同様に頭皮に直接成長因子を注入する治療法です。幹細胞から抽出された豊富な成長因子を注入することで毛乳頭を活性化させ、毛の発毛を促し、健康な髪の成長を補助するのです。

このHARG療法を開発した医師のクリニックでは発毛が99%と高く、現在発毛が最も期待できる治療法であるといっても過言ではありません。

本気で治療したいのであれば頭髪専門医へいこう!

つまりAGAを本気で治療し、発毛したいのであれば頭髪専門医にいくことが最も発毛への最短経路であるといえます。

ただ、クリニック選びは慎重に行わなければいけません。発毛治療が確立され、症例も多く取り扱っている経験値の高いクリニックがよいでしょう。 

AGA治療や薄毛治療ができる頭髪専門クリニックですが、病院によって治療内容も費用が異なりますので、自身の薄毛の症状に合わせて病院を比較検討することをおすすめします。
AGA・薄毛治療おすすめ病院ランキング

一般的にAGA治療は自由診療のため、治療費は高額になります。HARG療法は1クールで100万円前後もする治療法です。

自身の治療にかけられる費用を見極め、無理をせずAGA治療をしていくことが治療を継続していくうえでは最も大事なことです。

はげ治療の副作用を包み隠さず教えます

2015年6月12日 / はげ治療

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_OOK75_sekikomumasknodansei20141221140642-thumb-1000xauto-18032

AGA治療で起こる副作用は何で起こるの?

AGA治療において起こる副作用のほとんどは内服薬であるプロペシアによって起こります。

プロペシアはもともと前立腺肥大の治療薬でしたが服用する人患者から発毛効果が得られたという報告が寄せられ、本格的にAGA治療薬としての開発が進められたのです。

プロペシアは5α還元酵素の働きを抑制して脱毛を促したり、毛周期を乱すジヒドテストステロン(DTH)の生成を阻害します。

しかし、体内において必要であると判断され、変換されて生成されるはずであった男性ホルモン(DTH)が生成されなくなるので副作用が出てしまうのです。

体の女性化

プロペシアの副作用として稀に報告されるのが体の女性化です。

プロペシアを服用し続けることで乳房が膨らんだり、身体が丸みを帯びたなどという症状が現れることがあるのです。プロペシアを服用する事で生成されるはずの男性ホルモンが生成されず、何らかの影響で女性ホルモンが体内で優位になると女性化の症状が現れると考えられます。

例えば性同一性障害の方の治療でも女性ホルモンの注射を行いますが、それで体の丸みができたり声が高くなったりなどという変化が現れます。プロペシアを服用する事でこれと同じような状態に体がなっているのです。それに伴い、ED(勃起障害)や性欲の減退といった副作用や子供ができにくくなるというケースも報告されてます。

しかしながらこれらの現象は全くそのメカニズムが解明されていません。

ただ、そういった報告がなされている以上、夫婦間で子供を作ろうと考えているならば健康な赤ちゃんが生まれてくるためにもプロペシアの服用はしばらく控えた方が賢明でしょう。

肝機能障害

プロペシアで引き起こされる重大な副作用に肝機能障害があります。

服用する全員にその症状が出るわけではなく、メカニズムはわかっていません。しかし、海外も含めて重篤な肝機能障害の報告が10数例あります。

肝臓は状態が悪くなっても働き続けてしまうため本当に状態が悪化してからでないとその状態に気づくことができません。肝臓が沈黙の臓器と呼ばれるのはそのためです。とても頑張りすぎてしまう臓器なのです。

プロペシアは世界中で服用されていますのでその中で10例程度と考えれば割合は非常に低いものですが、肝臓に負荷がかかっていることは間違いないのです。

そのためプロペシアを処方する際には医師は肝機能につい問診を行うはずですし、血液検査での確認も行っているのです。

肥満や体重増加

プロペシアを飲むと身体が女性化してしまうことは最初に述べたとおりですがそれに伴い体重の増加や体脂肪の増加も指摘されています。

男性ホルモンは筋肉の発達を促し、男性らしい身体をつくっています。その男性ホルモンの生成が阻害されるため、筋肉がつきにくくなります。

プロペシアを飲み始めてから1カ月で3キロ増加したという話や、体脂肪が5%以上も増加したという報告もあります。

筋肉の方がエネルギー消費量が多いので、筋肉が多ければ多いほどよい太りにくい身体になりますが、女体化してしまうとエネルギーを使い切ることができず、消費されなかったエネルギーは脂肪として体にまとわりついてしまいます。

肥満は発毛の大敵です。肥満となり血行が悪くなることでさらに脱毛が加速してしまうかもしれません。プロペシアを服用している間は食事にも気を配らなければならないのです。

このようにプロペシアには様々な副作用が報告され、これらはほんの1部です。プロペシアによってホルモンを操作する以上、それまで以上に食生活や生活主観に気を付けて過ごさなければならないのです。

はげ治療中の食事で気をつけること

2015年5月19日 / はげ治療

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_05_DB88_kuisugi15135631-thumb-1000xauto-15841

AGA治療中には肥満になりやすい

AGA治療に欠かせないのが内服薬のプロペシアです。プロペシアは商品名で、成分名はフィナステリドといいます。フィナステリドはアメリカのメルク社が開発した抗アンドロゲン(抗男性ホルモン)薬です。

プロペシアは5α‐還元酵素の働きを抑制する働きをもった薬です。5α‐還元酵素はテストステロンという男性ホルモンをジヒドロテストステロン(DTH)という男性ホルモンに変換する酵素です。

DTHは頭髪の毛根にある細胞の受容体に結合し毛の脱毛を促したり毛周期を狂わせる信号を出してしまいます。プロペシアによりDTHが生成されなくなるので結果的に頭髪が脱毛するのを防ぐことになります。

しかし、本来体内で働くべきであった男性ホルモンの生成を阻害するのでプロペシアには副作用があり、その1つが肥満なのです。

なぜ肥満になるの?

男性ホルモンは男性が男性らしい身体を形成するのに必要不可欠です。

しかし、その男性ホルモンの1つが生成されなくなることで女性ホルモンの働きがその分強くなり、脂肪が付きやすい身体となります。プロペシアにより体が丸みを帯びると言った副作用が報告されているのもそのためです。

肥満にならないためには

肥満にならないためにはずばり食生活です。肥満になると血行障害が出やすくなり、結果的に毛乳頭に栄養を送り届ける毛細血管の血行不良により脱毛が促進さえてしまうのです。

一般的にも肥満体系の方の方が圧倒的に薄毛の方が多いのです。

食物繊維を取る

まず気を付けるのは食物繊維です。食物繊維は便通がよくなる意外に油が腸管内で吸収されるのを抑える働きがあります。つまり脂肪が付きにくくなるのです。食物繊維は野菜や海草、豆類に多く含まれています。

魚を食べる

青魚に多く含まれるDHAやEPAは血液をサラサラに保つ働きでおなじみですが、老廃物の排出を促す働きもあり、血液中の中性脂肪を減らす効果が期待できます。

良質なたんぱく質、栄養素を摂取するためにも魚を積極的に摂取するようにしましょう。

筋肉の元となるアミノ酸を摂取する

肥満を予防するには代謝を上げるて筋肉量を増やすことが近道です。バリン、ロイシン、イソロイシンのアミノ酸は筋肉量を増やしたり筋肉の持久力を高めるのに必要なアミノ酸です。

これらのアミノ酸を摂取し、運動をすることで筋肉がつきやすくなり引き締まった体へと導いてくれます。

まとめ

これら列挙した栄養素を摂るだけではもちろん肥満や体脂肪は改善されません。

摂るだけではなく、適度な運動を行わなければ筋肉量を維持することはできないのです。ましてやプロペシアの服用により体は筋肉が成長しにくい状態になっています。それまで以上に身体を動かすことを意識した方がよいでしょう。

もちろん筋肉がつかなくなっているわけではありませんので訂正に運動を行えば筋肉を成長させることは可能です。

また、髪を健康に成長させるために新陳代謝を改善し、髪を健康に保つ働きのあるビタミンAや
血行を促進させるビタミンB群、抗酸化作用のあるビタミンCを積極的に摂取するようにしましょう。

薄毛改善のポイントは育毛剤の「正しい」使い方

2015年4月24日 / はげ治療

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_04_YUUSEI85_gekisya15230730-thumb-1000xauto-12429

今の現代社会様々なストレスがあり食事や自然にも変化があります。皆さんは薄毛になる原因について考えた事があるでしょうか。薄毛はもはや他人事ではないのです。誰もがそうなってしまう可能性があるのです。

まさか僕に、私にかぎってとお考えの方は今から予防策を考えなくてはいけません。頭皮に対するダメージは昔とは違うのです。

一昔前では男性は海やプールで上半身裸で泳ぐ事が当たり前でした。ところが最近ではどうでしょう。上半身も着て泳ぐ方の方が多いのではないでしょうか。これは廃棄ガスなどによりオゾン層が破壊され紫外線をまともに浴び続けると皮膚癌になる可能性がある為です。もちろん頭皮にとってもよくありません。紫外線は薄毛になる原因の1つになります。

もちろん薄毛になる原因はこれだけではありません。昔と現代社会の違いの中にまだまだあるのです。家庭料理を毎日食べる事が当たり前の昔と外食が多い現在とでへ食生活にも差があります。外食であれば好きなものしか食べずに片寄った栄養バランスになってしまいます。食生活も大切な事なのです。

ストレスもよくありません。今の社会ではストレスの為にうつ病になる方もいます。昔とは全てが違った環境になってきている事に気づいて下さい。その中に薄毛になる原因がたくさんあるのです。

しかし環境が変わるように医学も進歩をし様々な薬が開発されています。育毛剤や育毛シャンプーなともたくさんの研究を重ね開発されています。購入しようと思えば様々な種類の育毛剤が手にはいります。

ですが大切な事は続ける事ができ自分にあった育毛剤を使用して予防する事ではないでしょうか。高いからいいと言う事でもないと思います。育毛剤と記載してありドラッグストアなどで売られているのですから予防効果はあるはずです。ただ正しい使用方法をしなければ効果は半減してしまいます。そこで正しい使用法です。

育毛剤とは頭皮に浸透しなければ効果はありません。つまり汗をかいたり毛穴に脂分がある状態で使用しても効果は少ないのです。一番いいタイミングは入浴後です。体を暖め毛穴を開いた状態で丁寧にマッサージをしながら育毛シャンプーで洗髪します。汗をかかない間に上がり育毛剤を使用する。毎日1回だけこの方法を試してみて下さい。

ちなみに私自身の家系は薄毛ですが今現在は予防の効果の為か大丈夫です。兄は薄毛になりましたが。おそらく予防をしなかった為かと思います。今から予防をお考えの方々に参考になればと思います。

今日から始められる!シャンプーの仕方を変えるだけの薄毛ケア!

2015年3月18日 / はげ治療

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_07_YUKA862_megane15205354-thumb-1000xauto-18585

薄毛の原因は様々ですが毎日のケアで薄毛を回避できる可能性もあります。

薄毛ケアのポイントはシャンプーの仕方にあります。頭皮を健康な状態に保つにはシャンプーの仕方が何よりも大切です。頭皮環境が悪いと薄毛を促進させ、ハゲにつながることもあるのでシャンプーの仕方には注意する必要があります。頭皮を健康な状態に保つにはしっかり泡立てて洗うことが大切です。泡立ちが少なすぎると頭皮の汚れや皮脂を落とすことができません。

また、爪を立てて洗ったり強くこすってしまうと傷になってしまい、その傷からばい菌が入ってしまうのできちんと正しい方法で頭を洗うようにします。傷口からばい菌が入ってしまうと、毛根にダメージを与える可能性もあるので十分注意する必要があります。シャンプーで頭を洗うときは育毛効果のあるシャンプーを使うのもおすすめです。シャンプーには様々な種類があるので頭皮に良い成分が入ったシャンプーを使うことをおすすめします。

シャンプーをした後のすすぎにも気をつけなければならないポイントがあります。すすぐときはシャンプーをした時間の2倍の時間をかけてすすぐようにします。すすぎが雑だと頭皮の汚れを十分に落とすことができなくて、汚れが蓄積されてしまいます。薄毛予防のためにもつながるので、きちんと丁寧にすすぎ頭皮を綺麗にすることが大事です。

薄毛ケアには頭皮の血行を良くすることも大切です。なので、毎日マッサージすることを心がけると良いです。マッサージすることで頭皮の血行を良くし、毛母細胞の働きが活発になります。そうすると髪の毛が抜けにくくなるだけでなく、健康で丈夫な髪の毛が生えてくるのでマッサージは重要なポイントになります。マッサージを習慣にすると薄毛を回避できると思います。

また、ドライヤーの使い方次第で頭皮にダメージを与えてしまうことがあります。ドライヤーを使うときは高温で直接頭皮に当てないことです。高温で直接頭皮に当ててしまうと、毛母細胞が死滅してしまいます。

なので、髪の毛を乾かすときは余熱で頭皮に直接当てずに髪を乾かしながら頭皮と一緒に乾かすようにします。ワックスやヘアスプレーなどは頭皮に直接付けてしまうと毛穴をふさいでしまう可能性があるので頭皮に付かないようにスタイリングするように注意すると良いです。

このように毎日ケアするだけでも薄毛を防ぐことができるので、毎日のケアがとても重要になります。薄毛にならないためにも正しいケアが大切です。

はげ治療の料金

2015年2月16日 / はげ治療

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_SEPsts-thumb-1000xauto-16093

はげ治療の初診料の相場

AGAは治るものです。
遺伝だからと思って諦めずに早期に治療を開始することにより、髪を取り戻すことができます。

保険適用外の治療になるので、コストも多くかかってしまう不安があるでしょう。
しかし治療を行ってコンプレックスを解消できるのであれば、高額だと感じることはないかもしれません。
実際にどれくらいかかるのか、通いたいと考えるクリニックのウェブサイトでコストをチェックするとよいです。

初診料も幅があります。
カウンセリングに費用が掛かる場合と無料の場合もあります。
これはクリニックによって基準が異なります。
相談をするだけでどんな治療があるのか説明をしてくれるところと、相談をしても提案が何もないところがあります。

また、初診時に血液検査や血圧測定など基本的なチェックをするクリニックもあります。
全身チェックを行ってからAGA治療を開始することにより、副作用によるリスクを事前に確認してもらえます。

検査を行う場合には初診料が10,000円以上かかる場合もありますし、問診だけで5,000円程度のところもあります。

はげ治療法と費用

AGAの治療法は内服薬と外用薬、HARG療養、メソセラピー、植毛など様々な方法があります。
中には複数の治療法を組み合わせてAGA治療を行うところもあります。

内服薬もジェネリックを導入していれば、相場より1,000円程度安くなることがありますが、どこのクリニックでもジェネリックを導入しているわけではないので、クリニックに相談をするとよいです。

HARG療法は多くの人に効果があり、治療にも費用がかかります。
1回4,000円から5,000円、2回目以降は7,000円から8,000円かかることが多いです。
大体、5,6回で治療が完了するので、HARG療法を選択した場合、400,000万円以上かかることが多いです。
クリニックの中には分割払いで支払可能なところもあります。

はげ治療に必要な期間

AGA治療は1回の治療ですぐに満足できる効果は得られません。
何度か通院をして治療を受ける必要があります。
内服薬の場合、1か月服用をしてその効果を確認します。
そこであまり効果が得られなかった場合には、他の治療を併用することがあります。

治療法によっても必要となる期間は異なりますが、早ければ3か月後には効果を実感できます。
一般的には半年程度の通院が必要とされています。
満足できる効果が得られるまで通う人も中にはいますが、最長でも1年ほどでしょう。

はげ治療薬とは

2015年1月27日 / はげ治療

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_SEP_285115080242-thumb-1000xauto-16084

はげ治療薬の種類

薄毛で悩んでいる男性は多いです。
年齢とともにどうしても発生をしてしまう問題なので、諦めたという人もいるかもしれません。
確かに少し前までは対処方法もありませんでした。
しかし今ははげ治療薬があります。

実際に使用をし、効果を得た人も多いです。
どのようなものがあるのかインターネット上でもたくさんの情報があるので確認をしてみるとよいでしょう。

AGA治療薬としてもっともポピュラーなのものがプロペシアです。
28日間を1サイクルとし、3,4か月で効果を得る人が多いです。
AGA治療を行っているクリニックで処方されている内服薬としてはもっとも需要が高いです。

プロペシアであまり効果を得ることが出来なかった場合、ミノキシジルを使うことがあります。
効果は高いですが、副作用で背中などに産毛が生えてくることがあります。

はげ治療薬は効果はあるのか

AGA治療薬で気になるのはその効果です。
内服をして実際に髪は生えてくるのか不安に思うこともあるでしょう。
実際にプロペシアを服用した人の多くが効果を実感しています。
3か月程度で髪が生えてきたことを実感できるようです。

ミノキシジルも同じく、高い効果を期待することが出来ます。

プロペシアで効果を得ることが出来なかった場合にミノキシジルを併用するので実際に服用をする人のAGAの状況によって使い分けることが多いです。
AGAの進行には個人差もあるので状況を見極めることも大事です。

はげ治療薬を処方してもらうためには

プロペシアもミノキシジルもAGA治療を行っているクリニックで処方してもらうことができます。
最近では通販でも購入可能ですが、専門クリニックで診察を受け、その上で処方をしてもらったほうが安心です。

人によっては薬が合わずに副作用が出る可能性もあります。
この副作用についてもクリニックであれば説明を受けるので、副作用が出た際にどのような対応をするべきなのかも分かります。

AGA治療薬ですから、育毛剤とは異なります。
育毛剤であればドラッグストアでも購入可能ですが最近では含まれいる成分の関係上、薬事法に触れることがあります。
薬剤師から説明を受けて購入することになります。
それでもプロペシアやミノキシジルのような内服薬とは異なるので、効果については個人差も大きいです。
プロペシアやミノキシジルも安心して使用をする場合には、AGA専門クリニックで医師の処方箋のもとに処方をしてもらうとよいです。
他の薬との飲み合わせについても相談でき、重篤な症状を回避することができます。

薄毛の原因を理解してから効果的な改善方法を実行しよう

2014年12月18日 / はげ治療

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_PAK75_ipaddoctor20141025131129-thumb-1000xauto-17749

男性の薄毛の原因

男性の薄毛でよく言われているのは、親が薄毛なので、遺伝だから仕方がないとよくきます。ですが、両親がふさふさであっても、毛が薄くなることもあり、必ずしも遺伝だけが原因であるとは限りません。

遺伝だけでなく、様々な原因によって薄毛が進行することがあります。なので、原因を知り、予防や対策をすることで進行を食い止めたり、発毛を促すことができます。

男性の場合は、男性ホルモンが原因の一つとされ、ホルモンの一種である、テストステロンと毛髪や皮脂にある5aリグターゼという還元要素と結びつくと、ジヒドロテストステロンという物質に変わります。

このジヒドロテストステロンが皮脂を過剰に分泌させ、毛穴を詰まらせたり、頭髪の元になるタンパク質の合成の邪魔をしてしまうのです。

また、この男性ホルモンの影響を受けるのが、頭頂部や前頭部となります。

その他にも、血流不足により、髪の毛の成長に必要な栄養が十分に運ばれず、抜け毛を促進させ、成長しない状態があまりにも続いてしまうと永久的に発毛されないといった恐ろしい状況も招いてしまいます。

そうならないためにも睡眠不足やストレス、食生活などの生活習慣の改善大きく関わっているといえます。

男性の薄毛の改善や対策

血流を改善するには、睡眠不足を解消する必要があります。寝不足が続くと血管が萎縮してしまい
血の巡りが悪くなってしまいます。また、頭皮だけ血流をよくするのではなく、全身の血流を良くすることが必要です。そのためにも睡眠だけでなく、ゆっくり湯船につかることで、血の巡りを良くし、頭髪に栄養が行き届くようにしてあげます。

その他にも有酸素運動が効果的とされ、ウォーキングやジョギングなど、長時間続けられる運動をすることによって、じんわり汗をかき、発汗作用によって血流をよくすることができます。無理をせず、楽しく体を動かせるのが理想です。

食生活も薄毛予防に効果があるので、血行を良くする食品を積極的に摂取すると良いです。

主に人参やほうれん草、かぼちゃなどに含まれるビタミンAは血流をよくし、発毛を促進し、頭髪が抜けにくくなります。同じくビタミンEも血行をよくし、栄養を運んでくれます。ビタミンEはサバやイワシ、秋刀魚、ゴマ、ナッツなどから摂取できます。

反対に髪に悪い食べ物もあるので注意が必要です。ラーメンや揚げ物の脂っこいものや栄養の偏ったファーストフードやコンビニ弁当は避けるようにします。

こうして普段から、睡眠や運動不足、食生活を見直し、薄毛を予防し発毛を促進する生活習慣を
身につける事で、薄毛の進行を食い止めることができます。

カテゴリー

TOPへ戻る